Fandom

鋼の錬金術師ウィキ

錬金術

481このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 シェアする
  • 読み
    れんきんじゅつ
  • 技
  • 綴り
    Alchemy/Hermetic art

説明編集

  • なんだかわからないけど、魔法のような技。
イズミ・カーティス曰く

錬金術とは 物質のうちに存在する 法則と流れを知り 分解し 再構築すること

  • 魔法みたいな技 いろいろなものを作れる -- ドリー 2004-06-26 (土) 19:40:22

※原作及び第2作アニメと第1作アニメでは錬金術の説明が異なるので別々で説明する。

原作及び第2作アニメ編集

  • ティム・マルコーの説明では、表向きは「地殻変動する際のエネルギーを利用して発動している」となっている。
    • 錬丹術の研究も同時に行っていた傷の男の兄はそのことに違和感を感じる。
    • 錬金術の発動方法と錬丹術の発動方法は異なるもののはずが、どちらも自然のエネルギーを利用したものであることが矛盾しているため。
  • 実際は地下に張り巡らされたお父さまの体内にある賢者の石の力で発動していた。
    • そのため、賢者の石の流れを止めるこによって錬金術は発動できない状態にすることも可能であった。

第1作アニメ編集

ヴァン・ホーエンハイム曰く
  • 人には小さな心理の扉のようなものを持っていて、その扉を開け閉めすることで術を発動している。
    • 扉から出てくるエネルギーは現実世界で死んだ人の生命エネルギー

現実世界での錬金術編集

ハガレンの世界とは関係ありませんが、現実世界で錬金術と呼ばれているものに関して興味のある方がいらっしゃるようなので、ここにトピックを作ります。

  • Wikipedia:ja:錬金術
    • 広義の錬金術とは、一般の物質を「完全な」物質に変化・精錬しようとする技術のことであり、人間の霊魂を「完全な」霊魂に変性しようとする概念のことである。(=神に近づく、神になる、神と合一する方法ともいえよう。)「塩」を触媒とした「水銀」と「硫黄」の結合により、完全な物質である「金」が生成されるとする。(ここで言う塩、水銀、硫黄、金などの用語はあくまで比喩である。)
  • 中世ヨーロッパには、本当に錬金術ってあったの? -- 2004-07-17 (土) 22:19:30
  • 実際に中世には錬金術がありました。錬金術師と呼ばれる人たちが卑金属(鉄とか錫とか)を貴金属(金とか銀とか)に変換することを目的として、色々な研究を行なっていたようです。当然成功しなかったんですがAse.gif
    実際の活動は化学の実験のようなものが多く、近代以降は化学として発展して行きました。
    ちなみに、錬成陣はハガレンの創作だと思います。錬金術は「絵を描いて呪文を唱えて錬成!」ってほどまではオカルトではなかったようです。 -- squld 2004-07-17 (土) 23:01:00
  • そもそも錬金術は真理にたどり着くためにあったもの?らしい(あくまで情報だから間違ってるかも知れません。) -- すす 2004-07-19 (月) 16:31:36
  • うーん・・↑か錬金術って、安易な材料で貴金属をつくりだすのが錬金術らしい。(この情報はあってるかも) -- すす 2004-07-19 (月) 16:35:23
  • でも、↑のはできないらしい。不可能。 -- すす 2004-07-19 (月) 16:36:18
  • すすさん、色々と調べてますね~ -- squld 2004-07-19 (月) 23:00:22
    他にも何か面白い情報があれば教えてください。
  • 紀元一世紀ごろ以前にエジプトに始まり、アラビアを経てヨーロッパに広がった、卑金属を貴金属の金に変えようとする化学技術。さらに不老不死の仙薬を得ることができるとされ、呪術(じゆじゆつ)的性格をもった。科学としては誤りであったが、多くの化学的知識が蓄積され、近代化学成立の基礎資料となった。アルケミー。 -- 物理学者 2004-07-20 (火) 18:18:54
  • 賢者の石も実際にありました。パラケルスス(ホーエンハイム)が練成に成功したといわれています。 -- iru 2004-07-24 (土) 21:00:29
  • 賢者の石が実際にあったという話は初耳です。パラケルススが作ったというのは伝説であって事実ではないのでは? -- squld 2004-07-25 (日) 03:18:48
  • しかし、パラケルススが賢者の石を使った、という話が実際に残されているんです。 -- iru 2004-07-25 (日) 09:25:55
  • なるほど。 -- squld 2004-07-25 (日) 23:38:13
  • 高純度アルコールの精製等に必要な蒸留技術は錬金術によって生み出されたものです。
    また中東では塩酸(硫酸と食塩の混合)、硫酸(硝酸塩鉱物の乾留(空気を遮断した状態にして自然発火させることによる熱分解反応による精製))、硝酸(硝酸塩鉱物と硝石の混合と蒸留)、王水(塩酸と硝酸の混合)の発明、中国では硫黄と硝酸、木炭を混合することで火薬の発明に成功しています。
  • 万有引力の法則で有名なアイザック・ニュートンは錬金術の研究をされており、錬金術についての膨大な文献を残した人物です。

別名編集

情報提供編集

ドリーさん

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia