Fandom

鋼の錬金術師ウィキ

傷の男/ネタバレ

< 傷の男

481このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
  • 読み
    すかー/ねたばれ
  • 人
    ネタバレ

説明編集

※原作及び第2作アニメと第1作アニメでは設定が異なるため別々に記述する。

原作・第2作アニメ編集

  • イシュヴァールの内乱キンブリーの攻撃により顔に十字傷を負い、右腕を失う。
    • その際、傷の男の兄の練成で兄の分解の練成陣が描かれた右腕を再構築される。
  • その後ウィンリィの両親に治療してもらったが自身の右腕を見て錯乱状態になり、ウィンリィの両親を殺害してしまう。
  • 紅蓮の錬金術師に兄を殺害されたことで、国家錬金術師に復讐を始める。
  • ウィンリィやマイルズとの出会いで、復讐の意義や行動などの考え方が変わる。
    • 両親を殺した敵なのに接してくれるウィンリィと、同じイシュヴァールの民の血を引く、マイルズ少佐国を変えたいという思いによって、復讐することを止める。
  • お父さまの力によって錬金術が無効になっているときも練成が出来た。
    • その理由は右腕に兄が研究していた錬丹術の練成陣が書かれていたからである。
  • 現在はエド達と行動を共にしている。--リン 2009年2月3日 (火) 23:50 (UTC)
    • その後は約束の日を止めるためとイシュヴァールの民を蔑むアメストリスを変えるために、エド達と行動を共にする。
  • 約束の日に向けて、志を共にするイシュヴァールの仲間をセントラルに集める。
    • セントラル地下でラースと対峙。
    • その左腕には兄の研究書を基にした再構築の練成陣が描かれている。
    • ラースとの戦闘後、満身創痍ながら国の中心部分で錬丹術の国土練成を発動。今まで、お父さまの賢者の石の力で発動していた錬金術を錬丹術の力で発動できるようにした。
  • 約束の日終了後、アームストロング少将マイルズ少佐の計らいで裁判は回避。マイルズと共にイシュヴァールの再建に助力する。

第1作アニメ編集

  • 「イシュヴァールの内乱で兄や同胞を殺された恨みから、国家錬金術師を殺しまくっている」点は原作と同じ。
  • エドのライバルキャラという位置づけから、原作と比べると若くて若干細めで2枚目な顔立ちのキャラに変更されている。
    • また、破壊の右腕の正体が「傷の男の兄が作り出した未完の賢者の石」という設定になっている。
  • 弟という共通点から、アルとは共闘することが多い。
  • 傷の男の兄を「兄者」ではなく「兄さん」と呼んでいる。
  • 傷の男の兄の恋人とは生前に面識があるため、ラストの姿を見たとき困惑していた。
  • リオールに攻めてきたアメストリス国軍兵士達を賢者の石にするため、イシュヴァールの民がいるという情報を流しおびき出す。
    • その戦いでキンブリーを倒すが、最後の足掻きで爆弾に変えられてしまったアルを救うため、賢者の石を鎧に練成。
      そのリバウンドで消滅(死亡)する。

情報提供編集

リンさん,

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia