FANDOM


  • 読み
    りざ・ほーくあい/ねたばれ
  • 人
    ネタバレ

説明編集

  • <小説>マーゴットという名で、潜入調査を行っている -- 羅旗鼓(らきこ 2004-08-03 (火) 21:20:02
  • グラマン中将の孫。--リン 2009年2月3日 (火) 23:59 (UTC)
    • 本編ではそういいた話が一切出てきていないことや、後に発売された公式ガイドブックには記述が消えていたことから関係は不明。
  • 父親は国家錬金術師になれるほどの有能な錬金術師で、ロイ・マスタングの師匠。
    • そのため、その当時からマスタングとは知り合い。
    • マスタングがアメストリス国軍に入隊する前に父親は死亡している。
  • 背中に描かれた刺青は父が遺した焔の錬金術練成陣
    • 父の死後、背中に描かれた練成陣をマスタングに託す。
  • 士官学校時代にイシュヴァールの内乱へ駆り出される。
    • その際、正確無比な狙撃の実力と'ホークアイ'という名前から「鷹の目」と称されるようになった。
  • この内乱で父が遺した焔の錬金術が人間兵器として使われていること、そして自身が狙撃して死んでいった人々に哀しむ。
    • 内乱に対する戒めに、戦後焔の錬金術の練成陣をマスタングに焼いてもらう。
  • リゼンブールに訪れた際にウィンリィと仲良くなり、彼女と同様に髪を伸ばす。
  • マスタングが軍内部の真実を知ってからは大総統付き補佐官に任命されてしまう。
    • 実力ではなく、人質という意味での配属。
  • 深夜に大総統邸宅に赴いた際、セリム・ブラッドレイの正体に気付いたため、脅迫されてしまう。
    • その正体をマスタングに伝えるため、東部及び北部の軍人の名前による暗号を使った。
  • 「やくそくの日」にマスタング及び東部軍と合流して、作戦行動に移る。
    • その際、マスタングと共に第3研究所を経由してセントラル地下へと向かう。
  • エンヴィーによって復讐に駆られてしまった大佐に、止めるよう傷の男と共に説得をする。
    • その際、復讐に駆られた焔の錬金術と共に自分も死ぬと哀しむが、それが復讐を止めることとなった。
  • 金歯の錬金術師との戦闘では、正確な銃撃にも怯まない大総統候補者達に圧倒され、拘束されてしまう。
    • 拘束中に首を斬られ、「人体練成しろ!」と脅迫される大佐に向かって「するな!」と睨み付けたことが幸いし、マスタングは人体練成はしなかった。
    • 首の切り傷はメイ・チャンの練成で治療してもらう。
  • しばらく休んでいたが、視力を失った大佐の目となってお父さまとの戦闘に協力する。


情報提供編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki