Fandom

鋼の錬金術師ウィキ

ホーエンハイム・エルリック/ネタバレ

< ホーエンハイム・エルリック

481このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
  • 読み
    ほーえんはいむ/ねたばれ
  • 人
    ネタバレ

説明編集

  • 別名「光のホーエンハイム」。
  • 400年以上前にダンテが見守る前で、魔女狩りに逃れた人々や不治の病に苦しむ人々を利用して賢者の石の練成をするも、その反動で死亡しそうになる。
    • その際ダンテは賢者の石を使用してその場にいた人間にホーエンハイムの魂を移し変えてもらった。
  • ダンテとの間の子供は水銀中毒で死亡している。
    • その際に人体錬成をしており、その練成で出来上がったのが人造人間エンヴィーである。
  • その後肉体が劣化したらまた別の人物の体に乗り移るという方法でその魂はダンテと共に数百年を生きていた。
    • しかし肉体への移し変えを繰り返していくうちに魂自身に劣化が生じていることに気づき、賢者の石を1つだけ残しダンテの元を去る。
  • 腐敗臭を隠すために香水をつけている。
  • ダンテの元を去った後、リゼンブールトリシャと出会い結婚、2人の子供を授かる。
    • 既に身体の劣化が進んでいたが、トリシャはそれを含めて愛してくれていた。
    • しかし、腐敗が進んだその姿を子供たちやトリシャに見せたくなかったため一人長い旅に出る。
  • ピナコの自宅でマリア・ロスを口説いていたところでエドと再会。
    • 鎧姿を見てすぐアルであることに気づく。
  • 焼き払った自宅近くでキャンプを張り、アルと就寝したがアルが目覚めた頃には既にいなくなる。
    • 子供たちを利用して賢者の石を練成しようとしていることに気づき、セントラル地下にいるダンテと再会するため。
  • セントラル地下にある屋敷でダンテと再会。その際魂の劣化について語るもダンテは聞き入れなかったため、ダンテの行為を止めようと動く。
    • しかし、エルリック兄弟による人体練成で誕生したスロウスによってつかまってしまう。
    • その時、ダンテの練成によって門の向こう側の世界(現実世界)に飛ばされる。
  • 同じく、扉の向こう側に飛ばされたエドと再会。錬金術に必要なエネルギーは扉の向こう側で死んだ人間の生命エネルギーだと語る。
    • ツェッペリンによる爆撃で現実世界のエドワードが死亡したため、エドは錬金術世界へと戻っていった。
  • しかし、人体練成でアルを元に戻す際にエドは再び扉の向こう側に来てしまう。
    • エドを元の世界に戻すため、黒魔術の研究をしているトゥーレ協会に協力する。
  • エドのために現実世界の義肢をいくつか作成後、ふらっとどこかへ行ってしまう。
    • 劇場版「シャンバラを征く者」の劇中で錬金術と黒魔術の融合させ、リヴァイアサンに変身したエンヴィーと自身の命を代価に錬金術世界との扉を完成させる。

情報提供編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia