Fandom

鋼の錬金術師ウィキ

フリッツ・ラング

481このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
  • 読み
    ふりっつ・らんぐ
  • 人
  • 綴り
    Fritz Lang

プロフィール編集

生年月日
A.D.1890.12.5

説明編集

  • 第1作アニメの劇場版「シャンバラを征く者」に登場した人物。
  • 実在するユダヤ人の映画監督だが、ここでは容姿がキング・ブラッドレイに似ている。
    • 左目にアイパッチをしておらず、目にはウロボロスの紋章がない。
    • あまりにも似ていたので、エドは最初ブラッドレイと勘違いする。
    • ただし、劇中の「ミュンヘン一揆」当時は32歳であるため、ブラッドレイ(60歳)とは年齢がかなりかけ離れている。
  • ドラゴンを見つけるために、エドを護衛に連れてミュンヘン郊外の古城へ向かった。
  • カール・ハウスホーファーとは大日本帝国での知り合い。
  • その後トゥーレ協会のことを嗅ぎ回っているエドをベルリンのウーファーに呼び出す。
    • 古城でドラゴンに遭遇したおかげで、撮影に使うドラゴンをよりリアリティのあるものにできたようだ。
    • その後エドシャンバラのこととトゥーレ協会とナチスのことについて説明する。
  • 妻(実在する女流作家のテラ・ファン・ハウボウ)はナチスの支持者で、ナチスを支持するよう頼まれている。
    • しかし自身はユダヤ人であるためそれを拒否。現実からは目を背け、映画の撮影に溺愛する。
  • ナチスの支持者に捕まりそうになっているエドを救出。自分の夢を守りたい一心でエドに協力する。
  • ミュンヘン一揆終結後、フランスに亡命しアメリカに渡って映画を撮り続ける。

別名編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki