FANDOM


  • 読み
    じゅどう/ねたばれ
  • 人
  • 綴り
    Judau(?)

説明編集

  • 長らくハンベルガンク家に仕えていたため、家族同然ともなっていた。
  • そんな家族の一人で、亡くなったロザリーを蘇らせるために人体錬成を試みた。
    • その代価に目を失ってしまい、成功したのかどうか分からない状態だった。
  • ハンベルガンク家の主人は「ロザリーは蘇った」ことをジュドーに伝える
    • 勿論錬成で出来上がったロザリーは生きているのか死んでいるのか分からない状態だったのだが、
      家族同然でもあったハンベルガング家主人はジュドーが失敗したことにショックを受けないように嘘をついたのである。
  • その後ロザリーに瓜二つの少女エミを孤児院から連れてきて、夫人や屋敷の使用人も含めてこのことは秘密にする。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki