FANDOM


  • Reading
    しょう・たっかー/ねたばれ
  • Person
    Spoiler

説明編集

  • 国家錬金術師であり続けるためには、年一回の査定に最低でも一年おきにパスしなければならない。
    さまざまな特権を与えられている国家錬金術師の地位はショウ・タッカーにとって何物にも代えがたいものだったのだろう。
    査定をパスするためにはそれなりの研究成果が求められる。
    そこで、研究成果を得るために自分の娘愛犬を合成獣にするという禁忌を犯す。
  • じつは、ショウ・タッカーが人間を合成獣の材料にするという禁忌を犯したのはこれが初めてではない。
    彼の妻もまた、と同じように前回の査定をパスするために合成獣にしてしまった。
  • この所業の報いか、彼は中央での審議を待たずに自分の娘と共に傷の男に殺害される。

情報提供編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki