Fandom

鋼の錬金術師ウィキ

グリード/ネタバレ

< グリード

481このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
  • 読み
    ぐりーど/ねたばれ
  • 人
    ネタバレ

説明編集

※原作及び第2作アニメと第1作アニメでは設定が異なるので、別々に記述する。

原作・第2作アニメ編集

  • 魂が定着した鎧が居るという情報を入手し、部下を遣ってアルを攫っていく。
    • アルを助けに来たエドに「魂の定着」を交換条件に出すが断られる。
  • エドとの交戦中にアメストリス国軍がデビルズネストに突入してしまい、自身も下水道へ逃亡する。
    • しかしキング・ブラッドレイに見つかってしまい応戦するが、逆に返り討ちに遭う。
      • ブラッドレイに15回ぐらい殺害された。
  • 百年前すでにウロボロスの組織のもとを去っていた。 -- 雪崩 2004-07-26 (月) 06:18:17
  • キング・ブラッドレイによって捕まった後、強制的に賢者の石に戻され、元のお父さまのところに戻される。
    • 元に戻される際、記憶を消される。
  • お父さまによって、グラトニーの身体から出来てたリンの体内に侵入し、身体を乗っ取る。
    • しかし完全に乗っ取ったわけではなく、時々リンの意識が表出する。
    • リンとは「世界の王になる」という共通の目的がある。
  • 乗っ取った後は地下の警備をしていたが、ビドーを殺した際に前の記憶が表出してしまう。
    • 表出した記憶に混乱しながら、大総統邸宅に侵入し、キング・ブラッドレイと戦闘後窓から逃亡。再びホムンクルス組の元を去る。
  • エドと再会した際、グリードなのかリンなのか区別がつかないのでグリリンと呼ばれている。
  • 「部下になってやる!」と言ったエドと、それについてきたダリウスハインケルを仲間に引き入れる。
  • カラマプライドが戦闘不能になった後、単独でセントラルに潜入。
  • 中央司令部正門でキング・ブラッドレイと再び対峙。
    • フーバッカニアのおかげで、堀に突き落とすことに成功する。
    • 日蝕の開始まで時間があったのでその間はバッカニアとの約束で、正門にいる中央兵の排除を行う。
    • 排除している姿を見た、ファルマンらブリッグズ兵から「味方にすると頼もしい」とまで言われた。
  • 日蝕による国土練成陣開始直前にセントラル地下に潜入して、神の力(?)を奪おうとするが失敗する。
  • しかし、リンの言葉により本当に欲しかったのは世界の王ではなく、頼れる仲間であることに気付く。
  • 神の力を抑え込めなくなったお父さまによってリンと共に吸収されかけるが、リンが賢者の石にならないよう振りほどき自ら犠牲になる。
    • 吸収された後、炭素硬化により、お父さまもろともケシ炭にしようとするが、途中で消滅させられてしまう。
    • その隙を作ったおかげで、エドお父さまに止めをさすことが出来た。
    • 消滅の際、リンエドを「魂の友」と呼び、別れを告げる。

第1作アニメ編集

  • ベースはかつてダンテに恋心を抱いていた人間で、見た目は原作の初代グリードと同じ。
  • 愛情を餌にコントロールしようとしたが適わず、ダンテによって第五研究所に140年間封印されていた。
  • 原作と同様にアルを攫って行く。
    • 原作と同様に助けに来たエドと交戦途中にアメストリス国軍が乱入してきたので、逃亡。
  • ダンテの屋敷の前でアルを開放。屋敷の中に入る。
    • しかしダンテによって屋敷の中に仕込まれていた自分の骨と、封印の練成陣によって体内の赤い石を全て吐き出してしまう。
    • 弱りきった所でダンテを殺したと勘違いしたエドと再び交戦し倒される。
  • 最後はエドに人造人間の弱点を仄めかし、消滅する。
  • マーテルの話によると、グリードは人間らしい死を望んでいたようだ。

別名編集

情報提供編集

雪崩さん,

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki