Fandom

鋼の錬金術師ウィキ

グラトニー/ネタバレ

< グラトニー

481このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
  • 読み
    ぐらとにー/ねたばれ
  • 人
    ネタバレ

説明編集

※原作と第1作アニメでは設定が異なるので、別々に記載する。

原作編集

  • 第3研究所での戦いでラストを失い、ショックを受ける。
  • エルリック兄弟リン・ヤオによって拘束され、郊外の小屋に連れ出される。
  • 怒り狂うと肋骨をむき出しにしながら体を開き、周辺の空間を飲み込む。
    • むき出しになった肋骨は伸縮自在。
  • 猪突猛進しながら相手を飲み込もうとするのが攻撃パターン。
    • だが、攻撃を受けすぎて賢者の石の力を使い果たしてしまうことが多い。
  • エルリック兄弟リン・ヤオとの戦闘で、リン、エドエンヴィーアルの左手もろとも飲み込んでしまう。
  • その正体はお父さまによって作られた疑似真理の扉
    • 疑似真理の扉は無限に広く暗い空間で地面は血の海で覆われている。
    • 証拠隠滅のために飲み込まれたクセルクセス遺跡の一部などがある。
  • 人柱であるエドエンヴィーを吸い込んでしまったことで落ち込むが、アルの提案によりお父さまのところに案内する。
  • お父さまの部屋に侵入した傷の男メイ・チャンとの戦闘で賢者の石を使いすぎてしまう。
    • しかしお父さまに吸収され、元の記憶を持ったままで復活する。
  • 約束の日を前に鋭い嗅覚でアルの居場所を特定し、プライドと共にアルを拘束する。
  • 約束の日前日、カラマへ移動。プライドと共にエドを拘束するため戦闘を行う。
    • エドによって街灯を消されてしまったため嗅覚を頼りに戦闘をしていたが、
      グリードリンのコンビネーションとランファンの介入によって賢者の石の力を消耗する。
    • この戦闘で賢者の石を消耗しすぎるが、セリム(プライド)に吸収されてしまい消滅した。

第1作アニメ編集

  • 赤い石生成のためにダンテによって作られた。
  • しかし、いつも慕っているラストがいなくなったことで錯乱状態となってしまったため、ダンテによって食欲のみの理性しか働かない状態にされてしまう。
    • しかしそのことが災いとなり逃げ帰るダンテの前に現れ、理性のままにダンテを食す。
  • 劇場版シャンバラを征く者では、顔のある尻尾をもった巨体となってアルラースの前に現れる。
    • 戦闘ではラースを圧倒していたが、漏れ出した赤い石によってパワーアップしたラースとともに心理の扉の材料となる。


情報提供編集

リンさん

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia